脂肪肝を放置することのリスクとおすすめの対策

脂肪肝を放置することのリスクとおすすめの対策

脂肪肝とは肝臓に脂肪が溜まった状態であり、様々な健康上のリスクがあります。この記事では、脂肪肝を放置することのリスクと、脂肪肝の解消・予防におすすめの対策について解説します。

脂肪肝を放置することのリスク

小腸で吸収された脂質は肝臓で脂肪酸に分解され、小腸から吸収されたブドウ糖は肝臓で中性脂肪に変化します。摂取したエネルギーがバランスよく消費されていれば問題はありません。しかし、脂質・糖質を摂り過ぎた・運動不足等でエネルギー消費量が著しく低かった等の影響で消費しきれなかった脂肪酸やブドウ糖は、中性脂肪として肝臓に蓄積され、脂肪肝を引き起こす可能性があります。

アルコールの摂り過ぎは脂肪肝の代表的な原因と言われていますが、これはアルコールを分解するときに中性脂肪が合成されやすくなるからです。ただし、アルコールが原因でない脂肪肝「非アルコール性脂肪性肝疾患」もあるため、アルコールを摂らない方も脂肪肝になる可能性があります。

脂肪肝の放置が危険とされているのは、脂肪肝が進行することで、脂肪性肝炎(NASH)・肝硬変・肝がん等の深刻な肝臓疾患に変化する可能性があるからです。また、脂肪肝になると蓄積された中性脂肪が全身の血管内にも流れ出すため、血管が狭くなったり詰まったりすることで起こる心筋梗塞・脳梗塞等の発症リスクも高まります。

脂肪肝の解消・予防におすすめの対策

脂肪肝を解消・予防するためには、運動習慣と食生活を見直すことがおすすめです。

●運動習慣
中性脂肪は、ウォーキング(速歩き)・ジョギング・水泳等、「中等度(ややきついと感じる程度の強度)以上の有酸素運動」を継続的に行うと消費されやすくなると言われています。まずは、これらの有酸素運動を習慣化しましょう。また、筋肉量が増えると基礎代謝量が上がるため、中性脂肪も消費されやすくなります。以下のような「比較的軽めの筋力トレーニング」を習慣化することもおすすめです。

・スクワット
・片足立ち
・プランク(床を向いた状態で前腕・肘・つま先を床につけ、頭・背中全体・腰・かかとまでが一直線の状態のままキープするトレーニング)

●食生活
・揚げ物等、油を多く使う料理を避け、蒸し料理・煮込み料理中心の食生活にする
・たんぱく質は、脂質の少ない白身魚・赤身肉・大豆製品で補うようにする
・コレステロールの排出を助ける食物繊維を含む、野菜類・海藻類を積極的に摂る
・間食を控え、1日3回の食事を規則正しく摂り、よく噛みゆっくり食べる
・アルコールの摂取量を減らすため、減酒・禁酒に取り組む


脂肪肝・肝臓疾患は、はっきりとした症状が現れないため、ご本人が気付かないまま進行し、治療が困難になるリスクもあります。リスクを回避するためには、健診や人間ドック等、定期的な検査を怠らないことも大切です。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-5952,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。