夏に高血圧になりやすい原因と予防法

夏に高血圧になりやすい原因と予防法

冬になると「ヒートショックから身を守ろう」といった言葉を聞くことが多くなります。これは寒暖差で血圧上昇が起こって心臓疾患などを招いてしまうものですが、この状態は夏にも起こる可能性があります。この記事では、夏に血圧が上がる仕組みと予防法について解説します。

夏に高血圧を招く原因

血管は、温かいところから寒いところに移動したときに収縮します。このため、猛烈に暑い屋外から冷房が効いた涼しい室内に入ったときも、冬と同じように気温差による血管の収縮が起こります。

加えて、夏は発汗が活発になることも高血圧を招く原因となります。体内の水分が不足すると血流の流れが悪くなるため、血管の詰まりや血圧の上昇が起こりやすくなるのです。

夏の高血圧を予防するために

夏の高血圧を予防するためには、屋内と屋外の温度差をできるだけ小さくすることが大切です。室温を下げ過ぎないよう、クーラーの設定温度を調節しましょう。自分で空調を調節できない場合は、カーディガンやひざ掛けなどを使って冷えすぎを防ぐのがおすすめです。

また、発汗による高血圧上昇を防ぐために、こまめな水分補給は欠かせません。目安は2時間おきにコップ1杯程度の水分を摂ることですが、屋外で活動する方はそれ以上飲む必要があります。

水分補給は、基本的に水やカフェインの少ないお茶がおすすめですが、運動などで汗をたくさんかいたときは、ナトリウムを補給するためにスポーツドリンクも活用しましょう。

なお、特別激しい運動をしていない方の場合、あえて塩分補給をする必要はありません。特に、血圧が高めの方は減塩が欠かせません。「熱中症対策のため」といって、塩分が多い飲み物や食べ物を摂りすぎないようにしましょう。

そのほか、1日に30分程度、ウォーキングなどの有酸素運動を週3回取り組んだり、減塩を心がける(高血圧ぎみの方は、塩分摂取量を1日6g未満に抑えることが望ましいです)など、高血圧の改善に取り組むことも大切です。

そして、毎日の血圧測定もおすすめです。病院で測定すると、緊張から数値が高くなりやすいのに対し、自宅のようにリラックスした環境で測定すると、より正確な血圧の値を知ることができます。特に、健康診断などで血圧が高めに出た方は、自宅でも血圧を測定することが大切です。

血管は、温かいところから寒いところに移動したときに収縮するため、帰宅後すぐに冷房の効いた室内に入ると血圧が上昇する恐れがあります。冷房の効いた室内に入るときは羽織り物を着て、冷えすぎないよう調節してください。また、こまめな水分補給やウォーキングなどの軽い運動、減塩を心がけた食事、毎日の血圧測定もおすすめです。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-2425,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。