【長生き応援シリーズ④】後半人生、あなたの生き方ニーズは?~人生100年時代のライフデザイン

【長生き応援シリーズ④】後半人生、あなたの生き方ニーズは?~人生100年時代のライフデザイン

"人生100年時代"と言われている現代、一人ひとりが安心して・自分らしく、より豊かに過ごすためには、誰もが関わる可能性のある認知症について正しい知識をもつとともに、明るく前向きに過ごすためのヒントを得ることが必要です。
今回は、後半人生における「生き方ニーズ」について一緒に考えていきたいと思います。

後半人生に拡がる生き方ニーズの選択肢

人生100年時代、「高齢期」をどのように過ごしていきたいかと聞かれたとき、皆さんはどのように答えるでしょうか。子どものときはよく、大人になったら何になりたいか、聞かれたものですが、大人になってからも常に先の人生における自分の希望(生き方ニーズ)を考えることは大切です。人生は一度きりです。"たった1回の人生"をどれだけ充実させることができるか、それは皆さん自身にかかっています。
では、実際どのような生き方ニーズがあるでしょうか。「今までの暮らしを続けられればよい、老後はゆっくりできればよい」、そのように考えることが自然なことかもしれません。しかし、人生100年時代を生きる私たちにとっては、仕事や子育てを終えたあとも、何十年と続く可能性のある高齢期の暮らしが残されています。その時間は、現役生活と同じくらいの長さになる可能性もあります。
仕事や子育てから解放されれば、「どこに住む、そして何をして活躍する」、また「普段、何をして楽しむか」など、自分が望むライフスタイルを改めて創造することが可能になります。例えば、「住まい方」にしても、都会に住むか、自然に触れ合う地方で暮らすか、またはその二地域を行き来するような暮らしをするか(二地域居住)、さらには物価の安い海外にロングステイするといったパターンが考えられます。
「活躍の仕方」についても、雇用されて働くだけでなく、仲間と一緒に起業する、趣味を活かした仕事をする、NPOやボランティアで地域社会に貢献しながら活躍する、海外で自分の経験を活かして活躍する、フリーランスとして個人で仕事を受注して働く(クラウドソーシング等)、協同組合(ワーカーズコープやワーカーズコレクティブ等)に参加して協同労働(事業者であり労働者でもある働き方)の形で働く等といった様々なパターンがあります。
「楽しみ方」については、際限のないところですが、例えば、生涯学習に励んで楽しむ、大学に戻って博士号取得を目指す、音楽や絵画などアートにふれあって楽しむ、インターネットで趣味の合う人たちとの交流を楽しむ、全国の温泉めぐりで楽しむ、日本の名山を制覇するなど、若いときは忙しくてなかなかできなかった楽しみができる可能性があります。

僅かな例に留まりますが、多くの時間を手にできる可能性の高い高齢期には、あらゆる選択肢の中から、自分(及び家族)にあった選択肢を組み合わせながら、新しいライフスタイルを創造することができるのです。このようなことを具体的に考えたことのなかった人はぜひ一度、"高齢期に何をしようか"考えてみてください。それが見えたとき、新たなことへチャレンジする「意欲」だったり、「楽しみ」や「希望」のようなものが湧き起こってはこないでしょうか。"たった1回の人生"を自分らしく満喫していくためにも、できるだけ早い段階から、後半人生の生き方ニーズを考えていただくことをお薦めします。
生20-2577,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。