【仕事と介護の両立支援】 自分にできる範囲を見定めて!

【仕事と介護の両立支援】 自分にできる範囲を見定めて!

親の介護をするに当たり、自分にできることは何かと考える視点はとても大切です。この記事では、自分の人生設計も大切にする割り切り方について解説します。

自分にできる範囲を見定めて!

仕事を続けて親の介護をしていると、「親御さんのことに、専念したら?」などと言う人に出会うことがあるかもしれません。聞き流そうと思っても、頭の隅に残り、親の世話を怠っているような罪悪感を抱くことがあります。
Mさん(59歳)は母親から「1人じゃ心細い。戻ってきてほしい」と言われました。母親は1年半ほど前に脳梗塞で倒れ、リハビリ病院を経て、現在は介護保険のサービスを使いながら自宅で独り暮らしています。月に1回、Mさんは週末を利用して様子を確認するために帰省。「戻ってきてほしいと言われても、わたしにはわたしの人生設計があります。60歳で定年となりますが、65歳まで働くつもりです」とMさん。
Mさんは母親に対し、定年後の再雇用について説明しました。
親と子の人生は別物です。この先、子は親よりも長く生きなければなりません。Mさんが100歳まで生きるとすれば残り41年。その年月を生き抜くためには、経済的にも、精神的にも仕事は大切だと言えるでしょう。
 「母の願いをかなえて実家に戻ると、きっと後悔します。母のことを恨んでしまうかもしれない」とMさんは言います。
親の介護をするに当たり、自分にできることは何かと考える視点はとても大切です。冷たいようですが割り切り、できないことには手を出さずサービスで補う方向で。勤務先にも両立を支援する制度があります。補いきれなくなったら、施設介護を検討しましょう。
自分の人生を真摯に生き、更に親にも目配り、心配りし、ケアマネジャーら専門家と相談しながらより良い環境を整える。罪悪感を抱く必要はありません。むしろ自分自身を褒め称えても良いくらいではないでしょうか。
◆仕事と介護の両立のための6つのポイント◆

 1.職場に「家族等の介護を行っている」ことを伝え、必要に応じて勤務先の「仕事と介護の両立支援制度」を利用する
 2.介護保険サービスを利用し、自分で「介護をしすぎない」
 3.介護保険の申請は早目に行い、要介護認定前から調整を開始する
 4.ケアマネジャーを信頼し、「何でも相談する」
 5.日ごろから「家族や要介護者宅の近所の方々等と良好な関係」を築く
 6.介護を深刻に捉えすぎずに、「自分の時間を確保」する
  
【出典】平成29年度版「仕事と介護 両立のポイント あなたが介護離職しないために」厚生労働省
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生22-6058,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。