糖尿病の合併症「糖尿病腎症」について

糖尿病の合併症「糖尿病腎症」について

糖尿病腎症は、高血糖・高血圧の影響で腎臓の血管が壊れることで発症する「糖尿病三大合併症」のひとつです。この記事では、糖尿病腎症について解説します。

糖尿病腎症とは

糖尿病腎症は糖尿病の合併症であり、高血糖の状態が続くことで腎臓の機能が十分に働かなくなる疾患です。糖尿病腎症が進行すると、老廃物を尿と共に排出できなくなることで老廃物が体内に蓄積し、透析療法(腎臓に代わり、血液中の余分な水分や老廃物を人工的に取り除く治療)や腎移植が必要になる可能性があります。

糖尿病腎症の第1期・第2期には自覚症状はほとんど現れないと言われています。第3期に進行すると、むくみ・息切れ・胸苦しさ・食欲不振・満腹感等の症状が現れるようになり、第4期・第5期まで進行すると顔色が悪くなり、吐き気・嘔吐・筋肉痛・筋肉の強直・骨の痛み・手の痺れや痛み・腹痛・発熱等の症状が現れます。

第3期以降になると、進行を遅らせることは出来ても以前の状態に戻すことは出来なくなるため、第2期までに発見する「早期発見」が重要になってきます。第1期・第2期に症状が現れることはほとんどないため、定期的に検査を受け、腎臓の健康状態を確認することが大切です。

糖尿病腎症の治療内容

糖尿病腎症の治療では、血糖値管理による「血糖値の正常化」と血圧管理による「血圧の正常化」が、全期を通して行われます。第2期・第3期の段階では、特に厳格な血糖値管理が重要とされ、食事制限と運動療法を通じた血糖値管理・血圧管理と共に、糖尿病薬の服用・インスリン注射等の治療も行われます。

第4期に進行すると、インスリン注射の治療と共に「厳密な低タンパク食」にする必要が出てくるようになり、血液中のクレアチニン(筋肉を動かすエネルギー源「クレアチンリン酸」が代謝された後にできる老廃物)の量の増え方を観察し、必要に応じて透析療法を取り入れる場合もあります。なお、第5期に進行すると透析治療や腎移植が必要になりますが、日本では臓器提供が少なく腎移植を行うことが大変難しいという問題があります。

たんぱく尿・腎機能障がい等の症状が現れ始めた際は食事療法が必要となり、たんぱく質・塩分・カリウム・摂取カロリー量等の制限が行われます。制限の内容は、進行度・病状等によって異なるため、必ず医療機関の指示に従いましょう。


医療技術の進歩に伴い、透析療法を導入した際の生存率も大幅に上昇していると言われています。しかし、腎臓の機能が保たれている方と比べると、生存率は確実に低下します。まずは糖尿病にならないように生活習慣を見直し、糖尿病の方は糖尿病腎症を合併させないように、食事制限と運動療法による血糖値管理を徹底しましょう。なお、定期的な通院・健康診断・人間ドック等で、健康状態を把握することも大切です。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-1555,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。