血管年齢と脳梗塞・心筋梗塞の関係性について

血管年齢と脳梗塞・心筋梗塞の関係性について

血管年齢とは、血管のしなやかさ・硬さを基準とした血管自体の年齢のことです。この記事では、血管年齢と脳梗塞・心筋梗塞の関係性について解説します。

血管年齢と脳梗塞・心筋梗塞の関係性

人間は細胞分裂を繰り返すことで新陳代謝をしています。細胞の分裂回数には限界があり、加齢により分裂できない状態になると、細胞の老化に伴い、細胞で構成される筋肉・骨・臓器等も老化します。血管も細胞から構成されているため、加齢とともに衰え、しなやかさが失われていきます。このように、しなやかさを失い血管年齢が高くなった状態の方は動脈硬化が進行している可能性があり、心筋梗塞・脳梗塞等、様々な健康リスクが高まっている可能性があります。

心臓から送り出される血液量は、加齢等の影響で変化することはほとんどないと言われているため、血管年齢が高い血管(しなやかさを失い硬くなった血管)に若い頃と同じ量の血液が送られると、若い頃よりも血管に負荷がかかることになります。血管への負荷によるダメージが蓄積することで、血管の内側に小さな傷やプラークという粥状の塊が発生するようになり、プラークの表面が何らかの刺激によって傷付くと、血栓(血の塊)ができるリスクが高まります。この血栓が、冠動脈(心臓を動かす筋肉「心筋」に酸素・栄養を送る動脈)に詰まると心筋梗塞、脳の動脈に詰まると脳梗塞を発症する可能性があります。

心筋梗塞とは、血液(酸素・栄養)が心筋に行き渡らなくなることで心筋が壊死した状態であり、激しい心臓発作を引き起こす可能性があります。脳梗塞とは血液(酸素・栄養)が脳細胞に行き渡らなくなり脳細胞が壊死した状態であり、手足の麻痺・言語障がい等の症状を引き起こす可能性があります。どちらも命に危険を及ぼし、治療後に重篤な後遺症が残る恐れがある疾患です。

血管年齢と狭心症の関係性

狭心症とは、心筋梗塞と同じ虚血性心疾患であり、冠動脈が狭くなり、心筋へ血液が送られなくなることで発症します。狭心症は、心筋が壊死していない状態ですが、胸の痛み・圧迫感・息苦しさ等の症状を引き起こし、意識障がい・呼吸停止等により命に危険が及ぶ可能性があります。狭心症の主な原因も動脈硬化であり、血管年齢が発症リスクに関係していると言われています。


血管年齢は、生活習慣病等のリスクにも関係しています。医療機関等の検査で血管年齢について指摘されたことがある方は、早めに医療機関を受診し、ご自身に適した対策を取れるようにしましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-5073,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。