くも膜下出血発症後に見られる合併症について

くも膜下出血発症後に見られる合併症について

くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂等が原因で起こり、発症後に脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)や水頭症等の合併症を発症する可能性があります。この記事では、くも膜下出血発症後に見られる合併症について解説します。

くも膜下出血発症後の脳血管攣縮について

脳血管攣縮とは、脳の血管が収縮することで血液の流れが滞った状態です。くも膜下出血発症の3日から3週間程度後に起こると言われており、意識状態の悪化・言語障がいの悪化・手足の麻痺等の症状が現れ、一般的には、くも膜下出血が重症である程、脳血管攣縮の発生率も高くなると言われています。

脳血管攣縮が疑われる場合、脳血管造影検査(造影剤が脳血管を流れる様子をX線撮影で調べる検査)・経頭蓋的ドプラー検査(TCD:脳動脈内の血流速度を調べる検査)等の検査が行われ、トリプルH療法が行われる可能性があります。トリプルH療法とは、人為的高血圧(hypertension:脳血流を維持するため、意図的に高血圧状態にする治療)・循環血液量増加(hypervolemia:脳血量を増やすため、輸液量を増やす治療)・血液希釈(hemodilution:血液の流れを良くするため、血液を希釈し血漿を増やす治療)を併せて行う治療方法です。

くも膜下出血発症後の水頭症について

水頭症とは、脳脊髄液(脳・脊髄・硬膜の間に存在する無力透明の液体)の流れが滞ることで脳脊髄液が増加し、脳室(脳の内部にある空間)が大きくなった状態です。くも膜下出血が原因の水頭症では、くも膜と脳表に癒着が起こることで生じます。多くの場合、くも膜下出血の発症から数週間から数か月後に発症し、主な症状として歩行障がい・認知障がい・尿失禁等が現れます。歩行障がいは歩幅が狭い・転倒しやすい等の特徴があり、早い段階から症状が現れ始めると言われています。

水頭症が疑われる場合、CT検査・MRI検査等で脳室の大きさを確認し、髄液タップテスト(髄液を排出することで症状の改善が見られるかを確認する検査)を行い、歩行障がい・認知障がい・尿失禁等の症状の有無も確認します。治療では、脳室腹腔短絡術(VPシャント術:髄液の新しい循環経路を作る治療)が行われ、緊急時には脳室ドレナージで脳脊髄液を排出する治療を行う可能性があります。


くも膜下出血後には、脳血管攣縮や水頭症以外にも「神経学的な合併症(意識障がい・言語障がい・感覚障がい・運動麻痺・脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血等))・痙攣等)」や「全身的な合併症(髄膜炎・心不全・腎不全・呼吸障がい・電解質異常・脱水・発熱等)」が現れる可能性があります。くも膜下出血の手術後には、これらの合併症にも注意が必要であり、合併症の発症後は適切な対応が必要になると言われています。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3898,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。