高齢者にも起こるスマートフォン依存の影響について

高齢者にも起こるスマートフォン依存の影響について

スマートフォンは現代の生活に欠かせない物になりつつありますが、一方で、常にスマートフォンを触っていないと落ち着かない「スマートフォン依存」が話題になることがあります。この記事では、高齢者にも起こるスマートフォン依存の影響について解説します。

スマートフォン依存の原因と脳に及ぼす影響

スマートフォンは、電話・メール・インターネット検索・ゲーム・SNS等非常に便利な機能が備わっており、簡単に楽しみが得られ、興味・関心を引く刺激も多く存在し、工夫を凝らした広告も並んでいます。スマートフォンを使用していると、常に興味・関心が刺激され続けた状態になり、一定の刺激に飽きると、より強い刺激を求め長時間使用し続けるようになることが、スマートフォン依存の主な原因と考えられています。

このような依存状態が続くと、認知機能(注意力・記憶力等に関わる)や感情を司る脳領域に影響が及び、学習能力・コミュニケーション能力等が低下し、心身に変化が起こる可能性があります。一般的に、スマートフォン依存は子ども・若年層に多いと言われていますが、最近は高齢者もスマートフォンを使用するようになっているため、以下で紹介する変化が起こっていないか気を付けることをおすすめします。

スマートフォン依存で起こる変化

スマートフォン依存の方には、以下の変化が起こる可能性があると言われています。

・イライラする・落ち着きがなくなる:スマートフォンが近くにないと落ち着かず、少しの時間も手放さず持ち歩くようになる
・実生活におけるコミュニケーション能力の低下:メール・SNS等、インターネットを通じたコミュニケーションはできるが、実生活でのコミュニケーションを億劫に感じたり、実生活での会話・人間関係等でトラブルを起こしやすくなったりする
・仕事の能力・学力が低下する:職場・学校で集中できなくなり、仕事・学業で支障が出るようになる
・体調不良が起こる:長時間同じ姿勢が続く・体を動かす機会が減る等により、肩こり・腰痛・頭痛・肥満等を引き起こし、目を酷使することで視力低下を引き起こす可能性もある
・睡眠障がいに陥る:生活リズムが乱れる・昼夜逆転の生活になる等が原因で、睡眠障がいに陥る可能性がある


スマートフォンは、適切に使用する限りは非常に便利で役に立つ物です。健康管理用のアプリ等、高齢者におすすめできるサービスもあります。スマートフォン依存の予防には、使用時間を決める・食事の際は近くに置かない・寝床には持ち込まない等、使用する上でのルールを決めることが役立つと言われています。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-5072,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。