紫外線が目に及ぼす影響と紫外線から目を守る対策

紫外線が目に及ぼす影響と紫外線から目を守る対策

紫外線は、皮膚だけでなく目にも影響があることをご存知でしょうか。この記事では、紫外線が目に及ぼす影響と紫外線から目を守る対策について解説します。

紫外線が目に及ぼす影響

紫外線の種類には、UV-A(皮膚を黒く日焼けさせる紫外線)・UV-B(皮膚を赤く日焼けさせる紫外線)・UV-C(オゾン層に含まれ、地球にはほとんど届かない紫外線)があり、紫外線を目に直接浴びた場合、以下の影響があると言われています。

●UV-A
UV-Aは、主に水晶体(レンズの役割を持つ器官)に吸収されます。水晶体に紫外線のダメージが長期間蓄積されると、水晶体の酸化・タンパク質化を引き起こし、白内障のリスクが上昇すると言われています。白内障になると、白濁により視界の一部に濁りが見えるようになり、失明する可能性もあります。

●UV-B
UV-Bは、主に角膜(眼球の最前方に位置する透明な5層の膜)に吸収されます。UV-Bの影響で角膜が炎症を起こすと、目が赤く充血する・開けていられないほど目が強く痛む等の症状が現れる「電気性眼炎」を発症する可能性があります。電気性眼炎は、スキー場・雪山登山等で起こることから「雪目」と呼ばれることもあります。電気性眼炎を何度も経験し角膜にダメージが蓄積されると、そのダメージが目全体に及ぶことで白内障を引き起こす可能性があります。

紫外線から目を守る対策

紫外線は、角膜の炎症や白内障等、目の疾患のリスクを高める原因になります。これらを予防するためには、UVカット加工のサングラス・眼鏡・帽子・日傘等を使用する等し、紫外線が直接目に当たらない対策を取ることが大切です。

UVカットのサングラス・眼鏡を購入する際は、必ず「紫外線透過率が低い物」、もしくは、「紫外線カット率が高い物」を選ぶようにしましょう。なお、レンズの色の濃さと紫外線透過率・紫外線カット率は関係ありませんので、必ず紫外線透過率・紫外線カット率を確認するようにしてください。一般的には、紫外線透過率は1%以下、紫外線カット率は90%以上が目安と言われています。

帽子は「つばが大きく、顔全体を覆うことのできる物」がおすすめです。なお、帽子・日傘等のUVカット加工には耐久年数があります。耐久年数は加工方法・使用頻度・保管方法等によって変わりますので、「耐久年数に合わせて1年ごと・数年ごとに買い換える」「UVカットスプレーをかける」等で対策しましょう。


紫外線の量は春から増え始め夏にピークを迎えますので、紫外線の対策は春から始めることをおすすめします。白内障の主な症状は「霞んで見える」「視界が暗くなる」「光が眩しく見える」等ですが、症状の現れ方には個人差があります。見え方や視力に異常を感じた際は、早めに医療機関を受診しましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-819,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。