自律神経のバランスが乱れる原因と代表的な症状

自律神経のバランスが乱れる原因と代表的な症状

自律神経のバランスの乱れが長期化すると、自律神経失調症を引き起こし、回復までに時間がかかる可能性があります。また、何らかの疾患が原因の場合は、その治療も必要です。この記事では、自律神経のバランスが乱れる原因と、自律神経のバランスが乱れた際の代表的な症状について解説します。

自律神経のバランスが乱れる原因

自律神経のバランスが乱れる主な原因は、不適切な生活習慣・ストレス・心身の疾患等であり、複数の原因が複雑に絡み合い発症する可能性もあります。

・生活習慣:睡眠不足・不規則な睡眠習慣・夜更し・昼夜逆転の生活・不規則な食生活・栄養が偏った食生活・暴飲暴食・過度な食事制限・カフェイン飲料やアルコール飲料の摂り過ぎ・運動不足・過剰な運動・メリハリのない単調な生活 等
・ストレス:人間関係(仕事・学校・ご近所付き合い等)・孤独・仕事や勉強等のプレッシャー・残業や介護等による負担・過労・緊張・不安・痛み・他人に頼れない環境・不快な環境(室温・天候・騒音・強い光・タバコの煙・排気ガス等)・化学物質(塗料・殺虫剤・除草剤等) 等
・疾患:甲状腺機能障がい・更年期障がい・パーキンソン病・レビー小体型認知症・不眠症・うつ病・不安障がい・適応障がい 等

バランスが乱れた際の代表的な症状

以下の症状が長く続いている際は、早めに医療機関を受診しましょう。

・心理的な症状:落ち込む・イライラする・やる気が出ない・気持ちが安定しない 等
・睡眠に関わる症状:寝つきが悪い・眠れない・寝起きが悪い・昼間に強い眠気がある 等
・痛みや疲労等の感覚的な症状:頭痛・胸痛・胃痛・腹痛・疲労・倦怠感・冷え・めまい・耳鳴り・眼精疲労・口内の不快感・感覚低下 等
・筋骨格系の症状:肩こり・筋緊張・腱鞘炎 等
・消化器系の症状:食欲不振・胸焼け・便秘・下痢・体重減少・体重増加 等
・循環器系の症状:高血圧・低血圧・動悸・息切れ 等
・その他の症状:頻尿・異常発汗・皮膚の異常・微熱・ほてり・免疫低下 等

なお、自律神経が乱れた際の症状は、以下のような「ちょっとした変化」として現れる可能性もあります。はっきりとした症状が現れていなくても、これらの変化に気付いた際はきちんと休息を取り、回復しない場合は早めに医療機関を受診することをおすすめします。

・疲れが回復しにくくなった
・風邪を引きやすくなった
・夢を見ることが多くなった
・ふらふら・ふわふわする感覚がある
・トイレが近くなった
・好きな食べ物なのに、食べる気が起こらない
・不平不満や八つ当たりが増えた
・仕事や勉強がはかどらない
・ミスや忘れ物が増えた
・他人と会うことが億劫になった
・表情が乏しくなった 等


自律神経の乱れは生活習慣の見直し等で回復する可能性もありますが、専門的な治療が必要な場合もあります。早期発見・早期治療が大切になりますので、早めの受診を心がけてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-6239,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。