月曜・休み明けの朝にだるさを感じやすくなる原因と予防対策

月曜・休み明けの朝にだるさを感じやすくなる原因と予防対策

月曜・休み明けの朝にひどいだるさや眠気を感じ、「出社したくない」「仕事の能率が上がらない」と思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、月曜・休み明けの朝にだるさを感じやすくなる原因と、月曜・休み明けのだるさの予防対策について解説します。

月曜・休み明けの朝にだるさを感じやすくなる原因

自律神経は体温・呼吸・血圧・消化機能・ホルモンバランス・情緒等のコントロールに関係しており、不規則な生活を送ると自律神経が乱れやすくなります。月曜・休み明けの朝にだるさを感じやすいのは、休みの日の過ごし方が原因で自律神経が乱れていることが影響しているかもしれません。以下のような生活習慣を送っている方は、月曜・休み明けの朝にだるさを感じる・やる気が出ない等が起こりやすくなると言われています。

・休みの日に不規則な生活を送る:夜更しをする・昼過ぎまで寝ている 等
・月~金曜と休みの日の切替えが上手くできていない:休みの日にも仕事をしている・仕事はしないまでも仕事のことを考えている 等
・休みの日に十分休めていない:家事・育児・介護等で忙しい 等

月曜・休み明けのだるさの予防対策

月曜・休み明けのだるさを予防するには、以下のように休みの日の過ごし方を見直しましょう。

●余裕のある予定を組む
休みだからと予定を詰め込みすぎると、心身に疲労が溜まってしまいます。また、予定どおりに進まない状況は、ストレスの原因になる可能性があります。心身を休ませる時間をしっかり取り、少しくらい遅れても大丈夫なように、余裕がある予定を組むようにしましょう。

●食生活のリズムをできる限り一定にする
食事を抜く・食事の時間を大幅に遅らせる等すると、体内時計が乱れる原因になります。体内時計の乱れは、だるさ・胃腸症状等の原因になりますし、睡眠の質の低下を引き起こす可能性もあります。食生活のリズムに2時間以上のずれが生じないように気をつけましょう。

●疲労が溜まっている際は、多少の寝過ごし・二度寝を許容する
不規則な生活は自律神経の乱れにつながるため、本来、二度寝・寝過ごしをすることはあまりおすすめできません。ただし、過度の疲労が溜まっている際は、しっかり休むことの方が大切です。二度寝・寝過ごし等を許容し、疲労を回復させましょう。


月曜・休み明けのだるさは、当日の朝に散歩・ウォーキング・ランニング等を行い心身のリフレッシュを図ったり、いつもと違うおしゃれを楽しむ等で気分を変えたりすることで解消できる可能性があります。また、朝から午前中にクリエイティブなことに取り組むと、脳が活性化され頭がスッキリしやすくなると言われています。取り入れやすい対策を試しながら、月曜や休み明けのだるさを乗り越えていきましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-487,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。