肝性脳症の特徴と予防対策

肝性脳症の特徴と予防対策

肝性脳症とは、肝臓が正常に機能しなくなることで昏睡状態に陥ることであり、継続的な治療と予防対策が必要になります。この記事では、肝性脳症の特徴と予防対策について解説します。

肝性脳症の特徴

肝性脳症とは、肝硬変・劇症肝炎等の重篤な肝疾患により肝機能が著しく低下し、昏睡状態に陥ることです。肝性昏睡と呼ぶこともあります。肝臓は代謝を司る器官であり、肝機能が著しく低下すると様々な代謝産物が体内に溜まっていきます。この影響でアンモニア等の神経有毒物質が蓄積する、もしくは、神経機能に必要とされる物質が欠乏することにより、肝性脳症の神経症状が現われるようになると言われています。症状の程度には個人差があり、一般的には以下の5段階に分けられます。

・昏睡度1:睡眠リズムの乱れ・昼夜逆転・興奮・過度の幸福感・抑うつ・躁うつ等の症状が現れる
・昏睡度2:軽い認知障がいや異常行動等、認知症に似た症状が現れるようになる。羽ばたき振戦(はばたきしんせん:腕を伸ばすと腕を支えられなくなり、バタバタと羽ばたくように腕が震える状態)・傾眠状態(けいみんじょうたい:いつもウトウトとしている状態)等が現れる
・昏睡度3:嗜眠状態(しみんじょうたい:半分眠ったような状態)に陥り、眠っている時間が長くなる。起きている状態では、興奮・パニック等を起こしたり、光・音に怯える等の反応を起こしたりする
・昏睡度4:意識の消失が始まる。意識は消失するが、痛み・刺激には反応する
・昏睡度5:深昏睡状態(しんこんすいじょうたい:)になり、痛み・刺激に対して反応を示さず、完全な昏睡状態に陥る

肝性脳症の予防対策

肝性脳症では、薬で神経有毒物質の生成を抑える・食事療法で栄養状態を整える・薬や食生活の見直しで便通を整える等の治療が行われ、発症予防のため高たんぱく質や高脂質の食事を控える・塩分を控える・飲酒を控える・食物繊維や水分を積極的に摂る等の指導が行われる可能性があります。既に肝疾患の治療を受けている方は、医療機関の指示を守り、上記の食生活を心がけることが予防につながります。原因である肝疾患を予防するため、食生活・飲酒習慣・生活習慣を見直し、便秘・肥満・ストレス・睡眠トラブル等に気を付けることも大切です。


初期段階の肝性脳症は、自覚し難い症状が多く、治療が遅れやすいと言われています。ご自身もご家族等の周囲の方も、肝性脳症の症状を把握しておき、気になる症状がある際は早めに医療機関を受診しましょう。また、原因となる肝疾患も初期段階では自覚し難いと言われています。健康診断・人間ドック等で定期的に健康状態を確認するようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3902,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。