脱水症の前段階の特徴と予防対策

脱水症の前段階の特徴と予防対策

脱水症の一歩手前の「前段階」の状態のことを、「かくれ脱水」と呼ぶことがあります。脱水症の前段階は、水分と電解質の補給等の対処が必要な状態であるにも関わらず、はっきりした症状が現れない場合があります。この記事では、脱水症の前段階の特徴と予防対策について解説します。

脱水症の前段階の特徴

真夏の暑さ厳しい時期だけでなく、梅雨や冬の時期にも脱水症のリスクがあります。梅雨や冬のような汗をかきにくい季節の脱水症は、脱水症の前段階から本格的な脱水症までへの進行がゆっくりであり、はっきりした症状が現れにくいと言われています。脱水症の前段階自体に「はっきりした症状が現れにくい」という特徴があることもあり、発見・対処が遅れやすいです。

脱水症の前段階になると、何となくだるい・食欲がない・疲れが取れない等の「ちょっとした体調の変化」が現れる可能性があります。脱水症の前段階には、以下の症状が現れる可能性もあるため、気になる症状・変化に気付いた際は、早めに水分と電解質を補給しましょう。高齢の方・減量中の方・不規則な生活を送っている方・朝食を抜いている方・お酒をよく飲む方は、脱水症になりやすいと言われているので、特に注意してください。

・喉が渇く
・皮膚・唇が乾燥する
・皮膚の張り・弾力がなくなる
・口内がねばつく・乾燥する
・唾液を飲み込みにくくなる
・脛(すね)がむくむ
・集中力が低下する
・立ちくらみがする 等

意識がない・会話や言動が不自然・自身で水分を補給できない・嘔吐している等の際は、既に深刻な脱水症に陥っている可能性があります。

脱水症の予防対策

脱水症を予防するためには、以下を心がけ「こまめに水分を補給する」ことが大切です。

・食事の際に水分を補給する
・味噌汁やスープ等を献立に取り入れる
・果物・ゼリー・プリン等、水分を含む食べ物をおやつに取り入れる
・入浴の前後に水分を補給する
・就寝前・起床後に水分を補給する
・寝室に飲み物を用意し、途中で目を覚ました際に水分を補給する
・経口補水液等、水分と電解質を効率よく補給できる物を用意しておく

なお、アルコール飲料は脱水症の原因になるため、水分補給用の飲み物としてはおすすめできません。アルコール飲料を摂取した際は、しっかりと水分を補給しましょう。


脱水症は室内でも起こる可能性があり、感染症等で下痢・嘔吐をしている際もリスクが高まります。気になる症状や体調の変化に気付いた際は、早めに医療機関を受診しましょう。救急車を呼ぶべきかどうか判断できない場合もあると思いますので、お住まいの地域の救急電話相談等の連絡先を、事前に確認しておくことをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-1556,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。