リコピンの作用と摂り方のポイント

リコピンの作用と摂り方のポイント

トマトに含まれる成分「リコピン」は、料理方法等により吸収率が変わります。この記事では、リコピンの作用と摂り方のポイントについて解説します。

リコピンの作用

リコピンは、植物等に含まれる赤色の天然色素で、抗酸化作用(体内の活性酸素を取り除く等の作用)やメラニンの生成を抑制する作用があるカロテノイド色素(βカロテン・リコピン・ルテイン・アスタキサンチン等を代表する、黄色、もしくは、赤色の色素成分)の一種です。糖尿病・動脈硬化・アレルギー疾患等の予防や視覚機能・美容等への影響が期待できると言われています。

活性酸素とは、普通の酸素よりも強い酸化力を持つ酸素です。体内に侵入した細菌等を退治する・化学物質を無毒化する等の作用がありますが、過剰に産出されると、強い酸化作用により自身の細胞等を傷付け、老化を促進したり、がん・生活習慣病等の疾患リスクを高めたりする可能性があります。

リコピンの摂り方のポイント

リコピンには「脂溶性で熱に強い」という特徴があります。リコピンを効率よく摂取するためには、生食でそのまま摂るより、油を使用して調理した物を摂る方が吸収率は高まります。例えば、オリーブオイル等で和える・油を使用して加熱調理する、または、ベーコン等の脂質が多い食品と組み合わせる・乳脂肪を含む乳製品と一緒に摂取する等がおすすめです。

また、リコピンを豊富に含むトマトには、旨味成分「グルタミン酸」が含まれています。他の食材と組み合わせて料理を作ることで、旨味の強い料理を手軽に作ることができます。調理用のトマト加工品・ドライトマト等は料理で使いやすく、時短料理等にも役立つので、ストックしておくと便利です。トマト以外では、以下の食品にもリコピンが含まれています。

・金時にんじん(京にんじん):普通のにんじんと比べて細長く、鮮やかな赤色をしているにんじん。お節料理の煮しめ等に使われるが、炒め物・生食でも美味しい
・すいか:生食でそのまま摂る場合、グラム単位のリコピン含有量がトマトより多い。ビタミンC・シトルリン(アミノ酸の一種で血流促進の作用がある)等を含んでいる
・ピンクグレープフルーツ:ホワイトグレープフルーツよりも酸味が少なく、食べやすい。クエン酸・ビタミンCを含んでいる
・柿:ビタミンC・ペクチン(消化酵素の一種)・タンニン(ポリフェノールの一種。抗酸化作用がある)を含んでいる
・マンゴー・パパイヤ:βカロテン・ビタミンC等を含んでいる。ドライフルーツもおすすめ


リコピンは身近な野菜・果物等から摂取できますが、特定の食品だけを偏って摂ることはおすすめしません。できるだけ多くの種類の食品をバランスよく摂るように心がけ、摂取カロリー量・塩分量にも気を付けるようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-1557,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。