【仕事と介護の両立支援】 そのときのために聞いておきたいこと

【仕事と介護の両立支援】 そのときのために聞いておきたいこと

将来病気やケガをして、意思をうまく伝えられなくなってしまうことがあります。この記事では、どのような医療を希望するか事前の意思確認について解説します。

そのときのために聞いておきたいこと

もし、病気やケガをして、点滴や酸素吸入で改善の見込みがなく、食事や水分を口から摂取できなくなったら? 縁起でもないと思うかもしれませんが、人間誰しも最期のときを迎えます。本人に判断力がない状態だと、家族が「選択」を求められます。胃ろうや点滴、人工呼吸器を用いるかどうか。
Mさん(50代)も80代の母親が救急搬送されて病院に駆けつけると、医師から人工呼吸器を装着するかどうか問われました。「母なら、『そんなの要らない』と言うと思い断ったんです。ところが、一緒に話を聞いた弟の考えは私とは異なりました。弟は"母に1日も長く生きていて欲しい"と……」。
弟からそう言われ、Mさんの決意は鈍りました。自分の独断で母親の命の灯を消すことは避けたいからです。
結局、Mさんの母親は、弟の強い希望で人口呼吸器を装着。約1か月後に亡くなりました。
「弟はどう思っているか分かりませんが、私は母に対して余計な苦しみを与え、かわいそうなことをしたと思っています」とMさんは振り返ります。
Mさんのところのように、「そのとき」家族の意見がまとまらないことは少なくありません。後悔を残さないためには、元気なうちに本人の希望を聞き書面にしておいてもらうこと。この書面を「事前指示書」と呼びます。インターネットで検索すると、いろいろな団体のフォーマットを見ることができます。
親に進言しにくいなら、まずは自分が自分のために作成してみませんか。そして、「将来のことを考え『事前指示書』を作成したよ。おかあさん(おとうさん)も作成してみない?」なら勧めやすいのではないでしょうか。
親の人生を、本人の気持ちを尊重しつつ全うしてもらうためには、事前の意思確認が不可欠です。
◆事前指示書とは・・・◆
・将来自分自身が意思をうまく伝えられなくなったときに、どのような医療を希望するかをあらかじめ記載した書面(家族やかかりつけ医などと十分話し合って記載する)

■事前指示書に書いておきたいこと
 ○人生の最期に「望む医療・ケア」と「望まない医療・ケア」…人工呼吸器、心肺蘇生術 等
 ○自分に代わって医療やケアに関する選択をする「代弁者」…配偶者、長男、長女 等
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生23-1039,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。