肝臓の働きと肝機能低下の予防対策

肝臓の働きと肝機能低下の予防対策

漢方では、春は「肝」が疲れやすく、肝が原因の不調が起こりやすいと言われています。漢方における「肝」と現代医学の「肝臓」は全く同じというわけではありませんが、ストレスが溜まりやすく生活習慣が乱れやすい今の時期は、肝臓を労る生活を心がけて欲しいです。この記事では、肝臓の働きと肝機能低下の予防対策について解説します。

肝臓の働き

肝臓の主な働きは、「代謝」「貯蔵」「解毒」「胆汁の生成・分泌」です。

●代謝
・胃や腸で消化吸収された糖質、脂質、タンパク質を、体内で利用しやすい物質に変える
・エネルギーが必要なときに、貯蔵した物質を分解する

●貯蔵
・代謝された物質を貯蔵する

●解毒
・体内に取り込まれたアルコールや薬剤などを分解する
・代謝の際に発生した有害物質(アンモニアなど)を毒性の低い物質に変え、尿中に排出する

●胆汁の生成・分泌
・胆汁(脂肪の乳化とタンパク質の分解を促進する液体)を生成、分泌する

肝機能低下で起こる変化

何らかの疾患などで肝機能が低下すると、代謝が十分に行われなくなるため食事から十分なエネルギーや栄養が得られなくなる「代謝異常」が起こります。また、肝臓で解毒されるはずだった有害物質が体内に蓄積されたり、エネルギーとして代謝されなかった栄養が中性脂肪として肝臓に蓄積されます。この状態が長期化すると、だるさや疲労、足のむくみといった症状が現れ始めます。

肝臓は自覚症状が現れにくい「沈黙の臓器」です。疲労や足のむくみが肝機能の低下によるものであれば、ある程度進行している可能性があります。放置すると、急性肝障がいや慢性肝障がい、肝腫瘍など、更に進行するリスクがあるため注意が必要です。

肝機能低下の予防対策

肝機能には生活習慣が大きく影響します。予防のためには、以下で紹介する「生活習慣の見直し」がおすすめです。また、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病のある方はリスクが高くなります。定期的な検査で健康状態をチェックし、異常が見つかったときは早めに医療機関を受診しましょう。

・減酒、禁煙に取り組む
・食べ過ぎを控え、腹八分目を心がける
・1日3回の食事を規則正しく摂る
・良質なタンパク質、食物繊維、ビタミン類などをバランスよく摂る
・脂肪分や糖分の多い食品、味が濃い食品、加工食品を控える
・肥満の方は減量に取り組む
・薬やサプリメントの過剰摂取を止める
・食後すぐの運動を控える
・睡眠を十分にとる


肝臓は再生能力が高く、比較的丈夫な臓器です。健康な状態であれば、少しくらい負担がかかっても著しい機能低下に陥ることはあまりありません。一方で、自覚症状が出にくいため、知らずに疾患が進行してしまうリスクがあります。ウイルス性肝炎や非アルコール性脂肪肝炎など、お酒が原因でない肝疾患もあるので、定期的な検査を怠らないようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-1465,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。