【仕事と介護の両立支援】 「施設は嫌だ!」と親が拒否したら?

【仕事と介護の両立支援】 「施設は嫌だ!」と親が拒否したら?

「施設入居」を親に拒否されることは少なくありません。この記事では、「施設入居」を親に拒否された場合の対応について解説します。

「施設は嫌だ!」と親が拒否したら?

親の要介護度が重くなってくると、「施設に入ったほうが・・・」と考える人は多いと思います。しかし、親に提案しても「施設になんか入らない!」と一蹴されることが少なくありません。嫌がられると、強く勧めることもためらわれます。
Tさん(50代)も一人暮らしの母親に施設入居を勧めたところ拒否されました。母親が認知症と診断されて2年ほど経ちます。「コンロの火を消し忘れるのか、帰省した時、台所に焦げた鍋が複数あってビックリしました」とTさん。母親にはコンロの使用をやめるように言い、食事の宅配サービスを利用するようになりました。ところが、その後も、黒焦げの布巾を発見。「母親の担当ケアマネジャーと医師にも相談しました。もし火事を出せば、近隣にも多大な迷惑をかけるので、施設を探すことにしたのです。でも、母に話すと 『この家で死ぬんだ』 と怒りだしました」。
火事に限ったことではありませんが何らかの危険がある場合は、在宅の限界と言えるかもしれません。親の気持ちが頑なであれば、ケアマネジャーや医師から、直接本人に提案してもらいましょう。家族よりも第三者の言葉を受け入れる傾向があります。
施設とは相性もありますから、一緒に見学に出かけたり、可能であれば体験入居をしたりして、納得してもらいたいところです。老人保健施設に3か月程入ってもらい、慣れたところで本格的に「施設入居」という方法も考えられます。
いよいよとなってから検討すると、Tさんのところのようになりがちです。将来的に入居を視野に入れるなら、要介護度がそれほど重度でない頃から、ケアプランにショートステイを組み入れてもらうのも一案です。施設に慣れておいてもらえれば在宅から施設介護への移行がスムーズだと思います。
◇「入居前」に施設に慣れてもらう方法◇
 〇有料老人ホームに体験入居→自宅に戻らず、そのまま施設に入居
 〇特別養護老人ホーム のショートステイを毎月利用→その特別養護老人ホームに申込み→入居
 〇老人保健施設に「3か月入居」→グループ内の特別養護老人ホームや有料老人ホームに申込み→入居
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生23-1632,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。