認知症の方とのコミュニケーションに役立つ「バリデーション」と「ユマニチュード」について

認知症の方とのコミュニケーションに役立つ「バリデーション」と「ユマニチュード」について

認知症の方とコミュニケーションを取る際は、話すペースを合わせる・ひとつずつ簡潔に伝える・「できること」「分かること」を見つけて褒める等が大切ですが、実際はもう少し細やかな手法が必要になる場合があります。この記事では、認知症の方とコミュニケーションを取る際に役立つ「バリデーション」と「ユマニチュード」について解説します。

バリデーションについて

バリデーションとは、認知症の方が感じている世界を否定せず、「傾聴する・共感する・誘導しない・強制しない・嘘をつかない・ごまかさない」等の基本的態度をもとに行う手法です。例えば、徘徊・妄想等の言動には理由があると言われていますが、その理由をバリデーションのテクニックを用いて汲み取ることで、認知症の方に安心感を与え、落ち着かせることができる可能性があります。バリデーションには主に以下のテクニックがあります。

・センタリング:介護する方が精神を集中する
・リフレージング:重要な言葉を反復する
・オープンクエスチョン:「はい・いいえ」ではなく、自由に答えられる質問をする
・レミニシング:懐かしい思い出話をする
・ミラーリング:真正面に向き合い、動作・姿勢・声の大きさ・話し方等の真似をする
・タッチング:話の内容や目的に応じ、触れ方を変えながらスキンシップを取り感情に寄り添う
・アイコンタクト:真正面の位置で相手の目を見る
・はっきりした、低いやさしい声で話す
・音楽を用いる 等

ユマニチュードについて

ユマニチュードとは「人間らしさを取り戻す」という意味のフランス語の造語であり、介護する方が全てやってあげるのではなく「ご本人が持っている能力を最大限引き出す」ことを大切に考えている手法です。健康状態に応じた身体機能の回復・維持を目指し、以下の基本動作を組み合わせ、コミュニケーションを取ります。

・見る:介助の際に「視線の高さを合わせ、近い距離で見る」ことで信頼関係を築きやすくなる
・話す:「動かないでください」等の命令口調に聴こえる言葉を避け、「今から身体を起こしますよ」等、やろうとしていることを実況形式で伝える。穏やかでやさしい声のトーン・大きすぎない声量・前向きな言葉を心がけることも大切
・触れる:強く掴む・手や顔に突然触れる等すると、介護を受けている方から「自由を奪われている」と感じられやすいため、肩・腕・背中等の「感度の低い部位」からそっと触るようにする
・立つ:寝たきりの予防には「立つ訓練」も大切になるため、トイレまで歩く・立ったまま着替える等の立位の時間を日常的に組み込む


認知症の方とのコミュニケーションが円滑になることは、認知症の方の不安の軽減だけでなく、介護する方の負担軽減にも役立ちます。認知症カフェ等のコミュニティで悩みを相談したり、協力を求めたりすることも大切です。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-4638,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。