心筋梗塞の合併症について

心筋梗塞の合併症について

心筋梗塞とは、心臓を動かす筋肉(心筋)が壊死する疾患です。この記事では、心筋梗塞の合併症について解説します。

心筋梗塞の急性期に見られる合併症

心筋梗塞で心筋の一部が突然壊死することにより、以下の合併症を引き起こす可能性があります。

●不整脈
不整脈とは、脈をゆっくり打つ・速く打つ・不規則に打つ(脈が飛ぶ)等が起こる状態です。心臓が正常に動作できなくなり、一定の拍動を続けて行えない・適切に心臓が収縮できなくなる等が起こり、症状が現れます。心臓自体の動きが止まる等、状態が深刻である場合は電気ショックを与える等の処置をした後、集中治療室(ICU)・循環器疾患集中治療室(CCU)等で厳重に管理し、治療を行う可能性があります。

●うっ血性心不全
心筋の一部が壊死・損傷することにより、心臓が全身の健康を保てない程の機能不全に陥ります。深刻な状態にならない発症直後のうちに、心臓への血液供給を再開する・心臓への負担を減らす等の治療を行うことが大切とされており、心臓の機能低下により肺への血液流入が見られる際は、血液量を減らす薬剤の投与等の治療が行われる可能性もあります。

心筋梗塞後の心破裂について

心筋梗塞後の心破裂は「機械的合併症」と呼ばれることがあり、心筋梗塞の影響で心筋が脆くなり、そこに高い血圧がかかり続けることで発症します。心筋梗塞後の心破裂は、破裂する部位により、主に以下に分類することができます。

●左心室自由壁破裂(さしんしつじゆうへきはれつ)
心臓には、左心室・右心室・左心房・右心房の4つの部屋があります。心臓の左側下部に位置し、血液を送り出す働きがある左心室の自由壁(右心室に接しない左心室の外壁)が破裂し、心臓を包む心膜との間に血液が溜まるようになる合併症です。発症した際の致死率は高く、「治療後の予後も良いとは言えない」と言われています。

●心室中隔穿孔(しんしつちゅうかくせんこう)
右心室と左心室を隔てる心臓の壁「心室中隔」が破裂する合併症です。本来、血液は左心室から大動脈に送られますが、心室中隔に穴が開くことで左心室から右心室に血液が流れ込み、肺に血液が溜まるようになります。重大な心不全・心破裂状態を引き起こしやすいと言われています。

●乳頭筋断裂(にゅうとうきんだんれつ)
乳頭筋とは、心室内に存在する僧帽弁(そうぼうべん:左心房と左心室の間にある弁)・三尖弁(さんせんべん:右心房と右心室の間にある弁)を支える筋肉群です。僧帽弁を支えて血流をコントロールしている左心室の乳頭筋が心筋梗塞の影響で切れると、心臓内で血液の逆流を引き起こし、命に危険が及ぶ可能性があります。


心筋梗塞は生活習慣病のひとつでもあるため、予防対策も大切になってきます。食生活・運動習慣等の生活習慣を見直し、健康診断・人間ドック等を定期的に受け、健康状態をこまめに確認するようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-2200,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。