寝たきりの原因と予防・回復に役立つリハビリテーション

寝たきりの原因と予防・回復に役立つリハビリテーション

リハビリテーション等に取り組むことで、寝たきりの予防・回復を目指せる可能性があります。この記事では、寝たきりの原因と予防・回復に役立つリハビリテーションについて解説します。

寝たきりの原因

高齢者の寝たきりの主な原因は、脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血等)や認知症等の影響・転倒や事故等による骨折等と言われています。以下を心がけることは、高齢者の寝たきり予防につながります。

・規則正しい生活を送る
・適度な運動を習慣化する
・生きがいや楽しみを持つ
・自宅をバリアフリー対応にする・転倒しにくい椅子やベッドに変更する等の対策で、転倒を防ぐ
・地域の保健サービス・福祉サービス等を利用する
・ご家族の助けを借り、ご自身でできることを増やす 等

寝たきりの予防・回復に役立つリハビリテーション

寝たきりの予防・回復には、以下のリハビリテーションが役立つ可能性があります。以下は介助する方の動作の手順です。相手の足等に体重をかけないよう注意しながら、ゆっくりした動作で行い、痛みを訴える等が起こった際は、すぐに中止してください。

●膝関節・股関節(屈曲・伸展)のリハビリテーション

1.膝を伸ばした状態で仰向けになってもらう(ご自身でできない場合は介助する)
2.仰向けになっている方の右側に立つ(布団等、床に近い高さで寝ている場合は膝立ちになる)
3.右膝の下に外側から左手を入れ持ち、右手で右かかとを持つ
4.右膝・股関節が90度程度に屈曲した状態になるまで右足全体を持ち上げる
5.右足全体を動かし右膝を胸に近付ける(この際、右膝・右股関節が4.の状態より屈曲した状態になる)
6.右足全体を動かし右膝を胸から遠ざける(この際、右膝・右股関節が伸びた状態になる)
7.3.から6.までを10回程度行う
8.反対側も行う

●足関節のリハビリテーション

1.膝を伸ばした状態で仰向けになってもらう(ご自身でできない場合は介助する)
2.足側に座り、左手で右かかと、右手で右つま先を持つ
3. 右手で右つま先を床方向に押し下げ、右足の甲を10秒程度ストレッチする(この際、右かかとが動かないよう左手で支える)
4.右つま先をリラックスした自然な状態に戻す
5.足の裏側から右手で頭方向に右つま先を押し、足裏・アキレス腱を10秒程度ストレッチする(この際、左かかとが動かないよう左手で支え、足首が90度程度になるまでを目安に押す)
6.2.から5.までを10回程度行う
7.反対側も行う


靴紐を結ぶ・折り紙を折る・文字を書く・雑巾等を絞る・ボタンを閉める等を意識的に行うことも、寝たきり予防に役立つ可能性があります。どのようなリハビリが適しているかについては個人差があるため、詳細については医療機関に相談することをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3617,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。