屋内で起こる熱中症の主な原因と予防対策

屋内で起こる熱中症の主な原因と予防対策

熱中症は、屋外だけでなく、屋内でも起こる可能性があります。この記事では、屋内で起こる熱中症の主な原因と予防対策について解説します。

屋内で起こる熱中症の主な原因

熱中症は、「環境」「体の状態(体調・持病の有無等)」「行動」等の要因が、複合的に絡み合うことで引き起こされます。屋内で起こる熱中症の主な原因の具体例として、以下が挙げられます。

●環境に関する要因
・気温・湿度が高くなっていた
・窓・出入口等から、直射日光が差し込み続けていた
・風が入り込まない環境で、換気を行っていなかった
・エアコン・扇風機等を使用しておらず、空気が還流していなかった
・暑さの影響等で気温が急激に変化したにも関わらず、室温管理を怠り適切な室温を保てなかった 等

●体の状態に関する要因
・子ども・高齢の方・肥満の方等、暑さに弱い方
・生活習慣病等の持病がある方・特定の薬を服用している方
・下痢・二日酔い・感染症等の影響で、脱水状態であった方
・寝不足・疲労等の影響で、体温を調節する機能が一時的に低下していた方
・低栄養等で体力が低下していた方 等

●行動に関する要因
・慣れない作業・激しい運動等をしていた方
・長時間ほとんど水分補給をしていなかった方 等

屋内で起こる熱中症の予防対策

屋内で起こる熱中症は、室温を25℃から28℃程度・湿度を50%から60%程度に保つことで予防できる可能性があります。以下の対策については、ご自身でできる対策から始めていくことになると思いますが、職場における室温管理・湿度管理・風通し・直射日光等については、個人での対策が難しい場合もあると思います。可能ならば、会社全体で取り組めるように働きかけることをおすすめします。

●個人でできる対策
・体の熱を逃しやすい、通気性・速乾性の高い衣類を着る
・1時間に1回等、水分・電解質を補給するタイミングを決める
・直射日光の当たる場所等、熱中症リスクが高くなる場所には長時間滞在しない
・屋外に出る際、日傘・帽子等を使う
・睡眠不足や暴飲暴食を避ける
・感染症対策をする等して体調を整える
・バランスの整った食事を、毎日3食規則正しく摂る 等

●会社全体でできる対策
・時間帯・従業員の方の体感温度等を考慮し、エアコンの設定温度を柔軟に変える
・ブラインド・カーテン等を設置し、直射日光による室温上昇を防ぐ
・電子機器が密集している環境では、特に注意して室温を管理する
・窓を開ける・サーキュレーターを使用する等し、風通しを良くする
・使用していない電子機器・家電等の電源は落とすようルール化する 等


一般家庭に比べ発熱する機器が多いオフィスは、気温が上がりやすく、熱中症リスクも高まりやすい傾向にあります。クールビズ等の取り組みも熱中症予防につながりますが、室温・湿度の管理や空気の還流等の対策も忘れないようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-1904,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。