肺がん等からの脳転移「転移性脳腫瘍」について

肺がん等からの脳転移「転移性脳腫瘍」について

がんは、血管に入り込み血液の流れに乗ることで、発生部位から離れた臓器・器官に転移する可能性があります。この記事では、肺がん等からの脳転移「転移性脳腫瘍」について解説します。

肺がん等からの脳転移「転移性脳腫瘍」とは

転移性脳腫瘍とは、頭蓋内以外の部位に発生したがんが、頭蓋内へ転移した物です。がんに罹患された方の一部に発症する可能性があり、肺がんからの転移が多く、肺がん以外では乳がん・直腸がん・腎がん・膀胱がん・胃がん等で見られると言われています。小さな腫瘍であれば症状が出ない可能性がありますが、麻痺・痙攣・言語障がい・意識障がい等、腫瘍ができる部位により違う症状が現れ、命に危険が及ぶ可能性もあります。

治療内容について

転移性脳腫瘍の治療内容は腫瘍の大きさ・進行度・健康状態等により変わりますが、脳以外のがん病巣の状態が大きく関係すると言われています。例えば、肺がんの場合では、肺がんの状態によって予想される生存期間により、保存的治療(ステロイド・浸透圧利尿剤等による治療)を行うか、手術・全脳照射(脳全体に放射線治療を施すこと)を行うかについて検討されると言われています(一般的に、手術では開頭術による腫瘍の摘出が行われます)。ただし、これらの治療を行うには様々な条件・リスク等があり、実際にはその方の状態に適した治療方針を作成し、それに基づき治療が進められます。

近年では、高線量の放射線を1箇所集中させ、転移巣に1回で照射する治療方法(定位放射線治療:ガンマナイフ・サイバーナイフ・リニアックナイフ)を行う場合があります。正常な状態の脳への影響が少ないという特徴がある一方、腫瘍の大きさ・神経症状の有無等により適応範囲が限られ、深刻な状態に陥るリスクがあるという特徴もあります。

脳転移をしている方は多臓器への転移を伴う場合が多く、一般的には予後不良とされています。しかし、様々な治療を組み合わせることで治療成績を向上できる可能性があり、発見が早いほど治療成績が向上すると言われています。根治(根本から治すこと)よりQOL(Quality of life:生活の質)の向上・延命等を主眼に置き治療が行われる場合もありますが、このような場合でも症状自体の管理ができる可能性があるため、ご自身の状態・治療方針等を医療機関にきちんと説明してもらい、セカンドオピニオン等も考慮した上で、納得できる治療方法を選択するようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-5446,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。