冬の鍋物に欠かせない白菜の栄養と選び方・食べ方・保存方法のポイント

冬の鍋物に欠かせない白菜の栄養と選び方・食べ方・保存方法のポイント

白菜は11月から2月頃の寒い時期に旬を迎え、鍋物で食べる機会が増える野菜です。この記事では、白菜に含まれる栄養と期待できる健康作用と併せて、栄養価の高い状態で食べるための選び方・食べ方・保存方法のポイントについて解説します。

白菜の栄養について

キャベツと同じアブラナ科の植物に分類される白菜は、東アジアを代表する葉物野菜であり、結球状態や病がい虫への耐性レベル等を基準に、多様な品種が生み出されています。白菜は、全体の約95%は水分であり、残り約5%には主に以下の栄養が含まれています。

●カリウム
カリウムには塩分の排出を促す作用があり、血圧の上昇を抑えることに役立ちます。余分な水分を体外に出してくれるため、むくみの解消も目指せます。

●ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲンを体内で合成する際に必要な栄養であり、白菜では緑色の葉の部分に豊富に含まれています。メラニン色素の生成を抑制することでシミ・そばかすの発生を防ぎ、免疫機能の維持にも役立つと言われています。

●食物繊維
食物繊維は、ビフィズス菌等の善玉菌の餌となることで腸内環境を整え、便をかさ増しする・便を柔らかくすることで便通を促し、便秘の解消を助けます。

●イソチオシアネート
イソチオシアネートは、わさびや大根にも含まれる辛味成分であり、抗酸化作用と消化を助ける作用があると言われています。

白菜の選び方・食べ方・保存方法のポイント

白菜を美味しく栄養価の高い状態で食べるためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

●選び方
丸のままの白菜を購入する際は「重量感がある物」「葉先までしっかりとしている物」を、カット済みの白菜を購入する際は「切り口がみずみずしい物」「中心部が膨らんでいない物」を選ぶようにしましょう。

●食べ方
白菜に含まれるカリウムやビタミンCは水溶性の栄養のため、水にさらす・煮込む等の調理をする際に水に溶け出してしまいます。栄養を無駄なく摂取するには、鍋物やスープ等、茹で汁ごと食べられる料理がおすすです。

●保存方法
冷凍保存をする際は、葉の水気を拭き取り、大きめのざく切りにした後、フリーザーバッグに入れて保存しましょう。茹でた状態で冷凍保存する際は、茹でる前に葉の汚れを洗い流し、たっぷりの熱湯で45秒程度茹で、粗熱が取れた後にざく切りにし、冷凍保存してください。


冬の定番料理「白菜と豚バラ肉の鍋」は、白菜に含まれる栄養だけでなく、ビタミンB1等の豚肉に含まれる栄養も摂取できます。風味・食感の面でも相性が良く、疲労回復等にも役立つのでおすすめです。白菜は、鍋以外の料理にも使いやすい食材ですし、相性の良い食材がたくさんあります。ぜひ食卓に取り入れてみてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-5035,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。