夏バテによる食欲不振の対策について

夏バテによる食欲不振の対策について

夏の暑さによる過剰発汗・水分不足は、自律神経の乱れによる消化器官の機能低下を引き起こし、夏バテによる食欲不振を引き起こす可能性があります。この記事では、夏バテによる食欲不振の対策について解説します。

食生活の見直しでできる対策

夏バテによる食欲不振の際は、以下の対策を取り入れることをおすすめします。

●栄養価が高く消化に良い飲食物を選ぶ
食欲不振の際に消化に悪い飲食物を摂ると、消化器官の疲労が蓄積し、機能が更に低下する可能性があります。栄養価が高く消化に良い食材を、消化に良い調理方法(茹でる・煮る・蒸す・焼く等)で調理するようにしましょう。

●冷たい飲食物を控える
冷たい飲食物を摂ると、消化器官の血管が収縮し、血流が滞る可能性があります。食欲不振の際は、温かいスープ・飲み物等がおすすめです。また、あんかけ等、温かくてとろみのある料理は、胃の中でも温かい状態を保ちやすいと言われています。

●ゆっくりよく噛んでから飲み込む
ゆっくりよく噛み、食べ物を細かく砕いてから飲み込むようにすると、消化吸収の負担が減り、栄養の吸収率が高くなると言われています。また、よく噛むことで唾液の分泌や胃腸の働きが促されると言われています。

●ミネラルを摂る
発汗した際に失われやすいミネラル(ナトリウム・カリウム等)を意識して摂るようにしましょう。体内のミネラルが不足すると、体調不良を引き起こしやすくなります。
※塩分の過剰摂取にならないよう注意してください。

●ビタミンB群を摂取する
ビタミンB群はエネルギー代謝に関係し、水溶性のため体内に貯蔵できず、発汗した際に失われやすい特徴があります。たくさん汗をかいた際は、特に意識して摂るようにしましょう。

生活習慣の見直しでできる対策

夏バテによる食欲不振には、以下の対策が役立つ可能性があります。

●室温等を管理する等し、気温変化に備える
室温が28℃程度になるようエアコンを設定し、室外・室内の温度差が大きくならないようにしてください。除湿機等で湿度管理をすると、エアコンの効かせ過ぎを防ぎやすくなります。外出先のエアコン・夜間の気温低下等で寒さを感じた際等に備え、カーディガン等の軽い羽織物を用意することをおすすめします。

●適度な運動を習慣化する
少しきついと感じる程度の運動を行い、汗をかく習慣を付けると、発汗機能を高められます。運動が苦手な方は、歩く距離を増やす・気軽に取り組めるスポーツを趣味として楽しむ等から始めましょう。

●湯船にゆっくり浸かる
ぬるめのお湯を張った湯船に10分から20分程度浸かることで、副交感神経が刺激され消化器官の回復が促される可能性があります。血流が促進されるため、エアコン・薄着による冷えの解消にも役立ちます。


食欲不振は、何らかの疾患が原因で起こる可能性もあります。長く続く際は、早めに医療機関を受診しましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-2199,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。