高血圧が腎臓に与える影響について

高血圧が腎臓に与える影響について

高血圧が腎臓に悪いことはご存知かと思いますが、具体的にどのような影響を与えるかご存知でしょうか。この記事では、高血圧が腎臓に与える影響について解説します。

高血圧が腎臓に与える影響

腎臓には「末梢血管で血液中の老廃物を除去する」「塩分(ナトリウム)等を尿と一緒に排出し、体液量とイオンのバランスを調節する」「血圧を調節するホルモンを分泌する」等の機能があります。高血圧になると、まず腎臓内に無数に張り巡らされているごく細い末梢血管に影響があります。

高血圧が続くと、腎臓内に張り巡らされた末梢血管の細胞が増殖し血管の壁が硬くなり、動脈硬化を引き起こします。この状態になると血管の内腔が狭くなり、血管を流れる血液の量が減ります。このように、腎臓の末梢血管のような細い血管に発生する動脈硬化のことを「細動脈硬化」と言います。細動脈硬化が原因で腎臓の血管内を十分な量の血液が流れなくなると、血液中の老廃物を十分に除去することができなくなり、尿毒症(全身の臓器に機能障がいを引き起こす疾患)に進行する可能性があります。

また、腎臓の細動脈硬化の影響で、余分な塩分や水分を体外に排出できなくなる・血圧を調節するホルモンを分泌する機能が低下する等の状態に陥ると、血圧を適切に下げられなくなる可能性があります。こうした一連の悪循環が起こると、高血圧の改善が難しくなり、腎臓の機能も回復しにくくなってしまいます。

腎硬化症と慢性腎不全について

上記のように、腎臓の細動脈硬化で腎臓の機能が低下する疾患を「腎硬化症」と言い、腎硬化症が進行すると慢性腎不全に陥る可能性があります。慢性腎不全になると腎臓の機能回復は難しいと言われており、高度な腎臓の機能低下が見られる場合の多くは末期腎不全へと進行し、透析療法(腎臓に代わり、血液中の余分な水分や老廃物を人工的に取り除く治療)や腎移植等が必要になる可能性があります。

また、腎硬化症から慢性腎不全を発症した場合、腎臓以外の動脈でも動脈硬化が進行している可能性が高く、心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血等)等、命に関わる疾患のリスクも高まっている可能性があります。腎硬化症は、初期症状として高血圧が要因で起こる肩こり・めまい・頭痛等を自覚する場合もありますが、腎臓の機能が低下することによる自覚症状はほとんどないと言われています。


腎硬化症の主な原因は高血圧による細動脈硬化ですが、高齢者の方・メタボリックシンドロームの方・塩分やアルコールの摂取量が多い方・喫煙習慣のある方も発症リスクが高いと言われています。定期的に健康診断や人間ドック等を受け、健康状態を管理するようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-818,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。