フレイルと認知症の関係性と予防対策

フレイルと認知症の関係性と予防対策

フレイルは、弱さ・脆さ等の意味を持つ「frailty」が語源であり、要介護・認知症等のリスクと関係があると言われています。この記事では、フレイルと認知症の関係性と予防対策について解説します。

フレイルと認知症の関係性

フレイルとは「加齢と共に身体や精神の機能が低下した状態」であり、生活するための機能も低下していますが、適切な介入・支援等があれば生活機能の維持・向上が可能な状態であると言われています。一般的に、健康な状態から突然要介護状態になることは少なく、徐々に身体機能・精神機能が低下した後、要介護状態に陥ることが多いと言われています。この過程における「健康な状態と要介護状態の中間の状態」がフレイルです。

フレイルで精神機能が低下した方は、感情がコントロールできなくなる・自身がどこにいるのか分からなくなる・せん妄(せんもう:軽い意識障がいに興奮・幻覚が重なった状態)等を起こし、認知症と診断される可能性があると言われています。また、フレイルにより栄養状態が悪化すると、軽度認知障がいのリスクが高くなる可能性があり、フレイルの原因のひとつである筋力低下等の影響で運動量が低下することも、認知症リスクに関係していると言われています。

フレイルによる認知症の予防対策

フレイルの原因である栄養状態(食生活)と運動習慣を見直すことで、フレイルによる認知症を予防できる可能性があります。食生活では、良質なたんぱく質を含む食品(肉類・魚・卵・乳製品・大豆製品等)を摂ることを心がけましょう。ビタミンD(カルシウムの吸収を助ける作用があり、筋力維持や骨粗しょう症等にも関係している)の不足を防ぐため、ビタミンDを含む食品(魚・きのこ類・卵等)を摂り、適度に日光を浴びるようにしてください。なお、腎臓病・高血圧・糖尿病等で食事制限が必要な方は、必ず医療機関に相談しましょう。

運動習慣では、散歩やウォーキングをする・スクワットをする・軽めのダンベル等を使い筋力トレーニングをする等し、筋力低下を防ぐことを心がけましょう。椅子に座った状態で足全体を左右交互に上げるトレーニングもおすすめです。ただし、腰痛・膝痛等がある方は無理のない範囲で行うようにし、運動制限をされている方は必ず医療機関に相談した上で運動を行うようにしてください。


老年病科等、高齢者の総合医療を扱う診療科がある医療機関では、フレイルや認知症等の予防に関する相談にも対応してもらえる可能性があります。気になる方は、一度相談してみることをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3023,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。