高齢者の方の足のむくみの原因と対処法

高齢者の方の足のむくみの原因と対処法

「年齢を重ねるにつれむくみやすくなった」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。この記事では、高齢者の方の足のむくみの原因と対処法について解説します。

高齢者の方の足のむくみの原因

通常、細胞と細胞の間に溜まった余分な水分は、心臓や筋収縮のポンプ機能で静脈・リンパ管に戻され、最終的に尿として排出されます。しかし、何らかの原因で血液循環が悪くなると、溜まった水分を静脈・リンパ管に戻しきれなくなり、水分がどんどん溜まっていくことでむくみが生じます。

むくみが足に現れやすいのは、重力によって水分が体の下の方(地面側)に溜まりやすくなるためです。そのため、寝たきりの方では背中や顔がむくみやすくなります。また、加齢により血液循環が悪くなることで、むくみが起こる可能性もあります。加齢により血液循環が悪くなる主な原因は、以下のとおりです。

・心臓のポンプ機能の低下
・足の筋肉量が減少し、静脈血を上に押し上げる(心臓に戻す)働きが弱くなる
・皮膚の張りが弱くなり、余分な水分を静脈に押し戻しにくくなる

なお、塩分や水分の摂り過ぎ・お酒の飲み過ぎ・長時間同じ姿勢が続く・運動不足・過労・ストレス等の生活習慣、心不全・腎不全・深部静脈血栓症(下腹部・大腿・膝等にある深部静脈に血栓が生じる疾患)等の疾患がむくみを引き起こす可能性もあります。

高齢者の方の足のむくみの対処法

運動不足・長時間同じ姿勢が続く・塩分や水分の摂り過ぎ・お酒の飲み過ぎ等が原因のむくみは、高齢者の方であっても、以下の対策である程度緩和できる可能性があります。

・こまめに体を動かす・運動することを心がける
・ウォーキングを習慣化する
・足の裏を床につけた状態で、つま先を上下に動かす運動をする
・長時間椅子に座る際は、足の裏を床につけた状態で座る
・椅子やクッション等を使用し、足を心臓より高い位置に上げた状態にする
・足をマッサージする
・立ちっぱなし・座りっぱなしの状態が続いている際は、横になる
・むくみ対策用の着圧ストッキングや包帯で圧力をかける
・減塩・減酒に取り組む
・たんぱく質を摂取する
・室温・服装を調整し、冷えを防ぐ

ただし、心機能が低下している高齢者の方が急に足を上げると、足に溜まった水分が急激に上半身に戻ることで、心臓や肺に負担がかかる可能性があるため注意しましょう。


高齢者の方は血液循環が悪くなりやすいため元々むくみやすく、食生活や運動習慣等も乱れやすいと言われています。医療機関の検査で疾患等が原因ではないと判明しているむくみに悩んでいる方は、生活習慣を見直してみることをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-5951,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。